ほおずきの庭から   (フォトダイアリー)
 
 
 
 
6月 30日更新
 
 昨日、東川に行った帰りに「北海道の丘」へ寄ってみました。ひと月前とは全く違う景色が広がっていてびっくり!旭川空港に近いこのエリアは畑、田んぼ、牧草地が続き、地図にはない穴場です。「きれい!」と感動する場所がまだまだある美瑛です。ぜひお気に入りの場所を見つけにお越しください。
 7月・8月まだまだ空室がございます。皆さんのお越しをおまちしています。また秋のご予約もお受けしています。
 お問い合わせは、恐れ入りますがお電話,またはFAXにて承っております。Tel
0166−92−1225
 (メールでのご予約が出来ず、ご不便をおかけして申し訳ありません)   
じゃがいもの花が咲きました
「北海道の丘」への道で
 
 
 
 
 
 
 
「北海道の丘」から十勝岳連峰を一望。小麦も色付き、美しい彩の大地が続いています。 少し霞んでいたにもかかわらず、「北海道の丘」からは、美瑛の役場の「四季の塔」や宿近くの緑橋が見えます。 旭川空港に近い「北海道の丘」から帰る途中に出くわした光景です。牧草ロールが転がる大地の向こうには十勝岳連峰が見えます。
こちらも「北海道の丘」から帰る途中で、広い畑の真ん中でスプリンクラーのようなもので散水作業を行っていました。とても珍しい光景に出会いました。 賑やかな夏の美瑛もいいのですが、住んでいる私たちは畑や木々の彩りが最も美しい秋の美瑛が好きです。静かな時間と落ち着いた時間がゆっくりと流れる秋の美瑛がお勧めです。一日のんびりと歩くことをおすすめします。 ”美瑛のおいしいをテイクアウトして外ランチ。” レストランやカフェでいただくランチもいいけど、美瑛のおいしいものをセレクトして、見晴らしの良い展望台やお気に入りの場所で布を敷き、爽やかな風の中で景色を見ながら食べる外ランチは、ほおずき流美瑛の楽しみ方のひとつ。近々外ランチメニューを公開予定です、お楽しみに!
 
 
 
 
 
 
6月 8日更新
 
 6月に入っても朝からくっきりと山が見え、残雪の量も日に日に少なくなっていくのがわかります。夕方、山の中腹にだけ陽が射す珍しい光景を見て、近くのウォーキングスポットまで出かけてみました。途中運よく富良野線を走るSLに出会いました!
様々な景色に出会える「大曲ハーベストロード」をご紹介します。車ではなく歩いてこそ発見・感動する風景が広がります。
 7月・8月まだまだ空室がございます。皆さんのお越しをおまちしています。
 お問い合わせは、恐れ入りますがお電話,またはFAXにて承っております。Tel
0166−92−1225
 (メールでのご予約が出来ず、ご不便をおかけして申し訳ありません)   
山肌を陽が照らす
富良野線を走るノロッコ号(SLで運転)
 
 
 
 
 
 
 
 
陽に照らされた十勝岳連峰の中腹に真っ白な雲を発見! 風に吹かれ穂先がゆらゆら揺れる小麦畑と「新栄の丘」。先にはまだ雪が残る十勝岳連峰が見えます。この時期の小麦畑は穂先が風になびいて大海原のように大きなうねりを何度も何度も繰り返し、見ているだけで癒されます。  緑真っ盛りの「大曲ハーベストロード」の小麦、ビート、じゃがいも畑。秋の収穫時に向けて、大地の彩りがどんどん変わっていきます。
「大曲ハーベストロード」には、イギリスの湖水地方を思わせる小さな用水池もあり、表情豊かな景色を楽しめるお散歩道です。 夕暮れ時には野鳥も遊びに来る用水池。歩くたびに違う景色と出会い、カメラのシャッターを押しっぱなしです。地図にも載っていない360度丘を見渡せる素敵なウォーキングスポットです。 山裾にだけ陽があたり、一瞬ですがとても珍しい景色に出会いました。日中と朝晩の温度差があるから、このびっくりするような景色を見る事ができるのでしょうね。